▶ U-NEXTで異次元の狙撃手(スナイパー)を見る

 

 

名探偵コナンが好きで、劇場版が公開されると毎度見に行く方はいませんか?これまで公開された作品はどれも魅力的ですけど、「名探偵コナン異次元の狙撃手(スナイパー)」は、特に魅力あふれているように思えます。ここでは、「名探偵コナン異次元の狙撃手(スナイパー)」について詳しくお伝えするので、興味のある方はしっかりチェックしてくださいね。 

 

 

 

 

異次元の狙撃手(スナイパー)ってどんな作品?興行収入は?



「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」は、2014年4月19日に上映をスタートした、劇場版「名探偵コナン」シリーズの18作目の作品です。17作目「絶海の探偵」の監督の静野孔文が続けて監督を担当し、16作目「11人目のストライカー」の脚本を手がけた古内一成が脚本を担当しています。

主題歌に使用しているのは、柴咲コウの「ラブサーチライト」です。ちなみに作詞は、柴咲コウ本人が担当しています。ゲスト声優として、外国人芸人のパトリック・ハーランと俳優の福士蒼汰が出演しています。それぞれの役は、パトリック・ハーランがジャック・ウォルツ役を、福士蒼汰がケビン・ヨシノ役を担当していますね。この作品は、国内の341スクリーンで上映され、初日2日間で7億円以上の興行収入を、64万人を超える動員数を突破しました。

 

さらに、2014年5月18日には、17作目「絶海の探偵」の最終興収36億3,000万円を超え、300万人以上の動員数を記録しています。最終的には、41億円以上の興行収入を記録し、シリーズで初めて40億円を上回る興行収入となりました。 また、劇場公開が終わってからもこの作品の評判はよく、動画配信サービスなどを通して多くの方が楽しんでいます。

 

 

 

異次元の狙撃手(スナイパー)のあらすじ

 

コナンたちは、ベルツリータワーのオープニングセレモニーに参加し、絶景を楽しんでいました。しばらくすると、藤波宏明が何者かに射殺され、犯人を捕まえるためにFBIや世良真純とともにコナンも後を追います。ただ、ギリギリのところで犯人は海へと逃げてしまうんですよ。

捜査会議が行われ、ティモシー・ハンターが容疑者候補に挙がりました。ハンターを必死で探すものの、今度は森山仁が狙撃によって命を落としてしまいます。犯人はこれまでの事件で、サイコロと空薬莢を一個ずつ残していたんですけど、コナンたちはそれを「カウントダウン」ととらえました。事件を解決しようと動いている中、事件は立て続けに起こり、東京の街がさらに混乱するという作品です。 

 

 

 

アニメの枠を超えた緊迫感

 

物語の初めの方で、いきなり藤波宏明が狙撃されてしまいますが、実はこの時犯人の姿が映っているんですよ。藤波が狙われてから、コナンはすぐに犯人追跡メガネで外のビルをチェックするんですね。その時、片付けをしているケビン・ヨシノの後ろに、犯人の姿がほんのわずか映るんですよ。本当に一瞬なので、初めて見る人は見逃す方もいるかもしれません。

ただ、これからこの作品を見る人は、その部分をしっかりチェックしてもらいたいですね。狙撃事件後に捜査会議が開かれるんですけど、その時にティモシー・ハンターが犯人候補に挙がります。ちなみに、ハンターは狙撃の名手としては名前が知られていたのですが、藤波が破産した原因を作った人物でもあるんですね。この時点で、ハンターがこの事件の犯人のように見えるかもしれません。ただ、名探偵コナン好きな方であれば、「ハンターはまず犯人ではない」と思うでしょうね。

 

げんに、ハンターはしばらくしてから真犯人に狙撃されたので、「やっぱり犯人じゃなかったな」と思わずニヤリとしてしまいましたよ。ちなみに、藤波への狙撃事件の時に、一発の空薬莢とサイコロが狙撃したポイントに置かれていたんですね。名探偵コナンや推理が好きな方なら、このシーンで自分なりに色々と考えるんじゃないでしょうか。私はいくら考えてもピンと来なかったんですけど、賢い人ならすぐにひらめくかもしれませんね。

 

 

こんな具合に、視聴者に考えさせるシーンが取り込まれているのが、名探偵コナンの面白いところですよね。 犯人探しをしていたコナンは、真犯人ヨシノとついに遭遇することになります。そして、ヨシノはコナンに対して狙撃を始めるんです。この辺りから、ワクワクとヒヤヒヤのふたつの感情がわいてきますね。

 

コナンは見た目は一応子どもなので、このシーンを見ながらなんだか応援したくなるんですよね。もしコナンが普通の青年だったら、コナンへの想いはそこまでないと思うんです。これは私だけでなく、「大人 VS 子ども」のシーンを見た大人だったら、ほとんどの方が子どもを応援したくなるんじゃないですかね。

 

さらに、コナンは愛嬌のあるキャラクターなので、ここぞという時にはファンとしてより頑張ってもらいたくなります。最後には、何とかヨシノを捕まえられたんですけど、この時ばかりは少しホッとしました。というのも、この作品を見ている間は、名探偵コナンの世界に自分自身入りこんでいたからです。アニメの枠を超えて楽しめるこの作品は、数ある作品の中でも特にハラハラしたような気がしますね。 

 

 

感想まとめ

劇場版「名探偵コナン」は、どの作品も魅力的ですが、特に「名探偵コナン異次元の狙撃手(スナイパー)」は、より一層魅力があふれているように感じますね。

この作品では、一つの狙撃事件をきっかけに次々と事件が起こり、東京中がパニックになります。ただそんな中、コナンたちが力をあわせて事件を解決し、作品を見終わった後は心から安心しました。興味のある方は、時間を作ってこの作品を見てくださいね。 

 

 

 

管理人りょう
最後の沖矢昴のシーンは素晴らしくかっこよかったですね。

 

 

 

 

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)を動画で無料視聴する方法

「異次元の狙撃手(スナイパー)」を無料で見たいかたにおすすめなのが、動画配信サービスです。HuluやU-NEXTなので見れますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?春からの無料期間で是非一度見てみては?

映画はU-NEXTなどの動画配信サイトで期間限定で配信しています。毎年春くらいからの配信が多いです。

 

 

▶ U-NEXTで異次元の狙撃手(スナイパー)を見る

\コナンならU-NEXT/

本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

 

 

 

 

 

劇場版「純黒の悪夢(ナイトメア)」のネタバレ感想!

 

【2ch】劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」のネタバレ感想まとめ

↓クリックで他のコナンブログを見れます
名探偵コナンランキング
にほんブログ村 アニメブログ 名探偵コナンへにほんブログ村