geralt / Pixabay

 

名探偵コナンが2019年までに終わる・・・。

 

その話題に関しては今に始まったことではありません。以前青山剛昌さんが、100巻までに終わると話していて、でもやっぱり無理そう、というような話をしていたことがあります。その時から「おわっちゃうの!?」「まだあの方も判明してないのに無理でしょ!」という意見が沢山ありました。

しかし、2017年12月13日発売の少年サンデーでとうとう「あの方」が判明したことによって、それも現実的な話なのではないか?という話になってきているわけです。そしてそれに加えて”ある理由”が関係しているのです。

根拠については、Twitterで指摘されている方がいるので、ご紹介します。

 

だって工藤新一は「平成のホームズだから」

既にこの話題をご存知の方もいると思いますが、以下のツイートをご覧ください。

 

 

だって工藤新一は「平成のホームズ」だから

 

 

多くのサイトやSNSで拡散され、いわゆる”バズった”ツイートです。もちろんこれだけが理由で終わることは考えにくいですが、名探偵コナンの第一話の題名になっちゃってるんですよね。

 

出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/
出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/

この辺をどのようにつじつま合わせするのかが問題なってしまいます。事実として、新一と蘭の恋愛関係が急速に発展したり、あの方が判明したり、確実に物語が進行してきています。それに加えて、年号が変わる・作者の体調不良が重なるとなれば、たとえ憶測だとしても、可能性として十分考えられると思いませんか?

 

終わらない理由

皆さん気を落とさないように。

逆に終わらない理由も沢山あります。

 

  • 青山さんがやっぱり無理そう(100巻までに終わるのは)と話していた
  • 未回収の伏線多すぎ問題
  • RUMの正体がまだ判明していない問題
  • ラブコメ多すぎ問題
  • コナンが終わったらサンデーも一緒に終わってしまう問題
  • 映画の興行収入右肩上がりすぎ問題

などなど・・・

大人の事情を含め、まだまだ残された謎は多いです。そのすべての伏線を回収するつもりかはわかりませんが、青山さんがほったらかしにするとは考えられません。コナンが終わるのは少なくとも伏線回収した後でしょう。

 

 

 

 

ネットの反応

なるほど、そういう見方もできますね……
一 コナンファンとして言わせていただければ、もう少し焦らしてほしいところでしたが
年号が変わる前に完結させるという、青山先生なりのポリシーのようなものを感じます……。
まだ本編は読んでいないので、あとから
じっくり読みたいと思います……!

終わるのはわかっていたけど、こんなに早いんだ……というショックで、気力がなくなります
年号、変わって欲しくないなぁ……って思います

え?本当に終わってしまうん??

あの時間の流れで現実の年号とか気にするの?

今頃プロットを練るなんて、あり得ないだろ
青山剛昌が体調崩して入院したのは、3年近く前だぞ
その時点で万が一の事を考え、プロットの完成+代役漫画家の選定をしたはず
あの頃から、黒の組織関連の話も急に進展し始めた

 

 


 

名探偵コナンが終わるのは悲しいですが、もしそうなったとしても、30年以上休みなく働く青山さんのご体調を考えるとそれも仕方ないかもしれません。

それとストーリー的には、おれが・・・「新年号のホームズ」こと工藤新一だ!

といった演出で終わることもできるかもしれない。

 

あとはストーリーの性質上、サザエさんやちびまる子ちゃん的にエピソードを続けることもできると思います。その様な仕組みにできる名探偵コナンは、沢山の脚本家とネタさえあれば、永遠に続けることが可能です。黒の組織が壊滅しても無かったことにして続けられます(アニメに限った話)。

原作が終了したら、スピンオフにシフトするか。他のキャラクターを主人公にして続けるとかでしょうか。いずれにせよ、今後もまだまだコナンは続きそうですので、しばらくは終わるとかいう話は忘れて楽しみましょう。(ゼロの執行人の公開もあるし)