qimono / Pixabay
1: 名探偵コナンいんふぉ。

 『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナンは、正体を悟られることなく事件を解決に導くため、
探偵の毛利小五郎を腕時計型の麻酔銃で眠らせ、蝶ネクタイ型変声機で小五郎の声に変えて推理を披露する。

 小五郎のおっちゃんは毎度のごとく麻酔銃を首に受け、フラフラと眠りにつく。
幾度となく見てきたシーンだが、よく考えると小五郎が心配になる。
何度も麻酔で眠ること自体身体に悪いだろうし、そもそも首に勢い良く針が刺さるのだ。

 そこで、今回はいま一度この麻酔銃に目を向けてみたいと思う。おっちゃんの身は大丈夫か?

〈麻酔銃の威力はどのくらい?〉

 コナンの持つ腕時計型麻酔銃は、麻酔針を命中させれば数秒で相手を眠らせることができる。
ひと通り推理を披露してもしばらく眠っている描写があるから、麻酔が持続する時間は1~2時間だろう。

また、手術のときに打つ麻酔と異なり、静脈に確実に流し込むことができるとは限らないから、
筋肉注射でも効力をもつ麻酔薬でなければならない。

 現実では、麻酔銃は動物の捕獲用に使われることが多く(というか多分それだけ)、
ケタミン(>>0�という麻酔薬がよく用いられる。

※ケタミンは麻薬として認定されており、取扱には免許や手続きが要る。
もちろん事件の度にペチペチ撃つことはできない。

 ケタミンはコナンの麻酔銃に使えるだろうか。
撃てば即座に眠る点はよいが、手術用なので麻酔としての効力が強すぎ、
持続時間も短い(手術の際は継続的に薬剤を投与し続けなければいけない)。
また、呼吸を抑制する副作用があるため、座って俯いた姿勢(いわゆる「眠りの小五郎」のポーズ)だと危険だ。

 また、筋肉注射に必要な薬剤の体積は、人間に用いるなら50ml。
この量だと針に塗ったくらいでは足りないだろうから、注射器ごと飛ばす必要がありそうだ。
腕時計に収めるには阿笠博士の手腕が問われる。

ちなみに、ケタミンは副作用が激しく、乱用すると依存性があるとの報告もある。う~ん……。

〈適切な麻酔薬とは?〉

 このように、動物向けの麻酔銃を流用するのはあまり望ましくない。他の方法はないだろうか。

 思うに、用いるべきは麻酔薬ではなく睡眠導入剤ではなかろうか。
即効性では劣っても、一度刺せばしばらく眠ってくれるという特徴は、コナンの需要に合致する。

 マイスリー(一般名:ゾルピデム)やハルシオン(一般名:トリアゾラム)といった超短時間型の睡眠薬であれば、
投与から約1時間をピークに、2~4時間で効果が切れる。

 ただし、これらの薬は副作用として健忘(記憶がなくなる)などが起きうる。小五郎がますます迷探偵に……。

よりの問題は、睡眠導入剤は多くが口から摂取するタイプの薬であること。
このままでは麻酔銃としては使えないので、度重なる臨床実験を行い筋肉注射で効く薬を開発する必要がある。
阿笠博士、頑張ったんだろうなあ。

〈麻酔銃の中身:まとめ〉

 麻酔銃に用いられる薬は次の2説のいずれかだと思われる。

●麻酔薬説
 ◯利点:即効性がある
 ◯問題点:効果が強すぎる、推理中に目覚めてしまう可能性がある、銃で撃つには量が多い

●睡眠薬説
 ◯利点:程よく眠らせられる、推理中は眠っていてくれる
 ◯問題点:注射薬でない

 また、銃の威力や針の構造はどうなっているのか。
針を首に受けるおっちゃんが衝撃を受けている様子はないから、針はそれなりに軽いのだろう。
細い針があの勢いで飛んだら結構深くまで刺さりそうだけど、首に撃って大丈夫コナンくん?

 と、ここでまた1つ、新たな仮説が誕生する。

続きはソースで

関連ソース画像
no title

ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/18/news029.html

11: 名探偵コナンいんふぉ。
>>1
ワシじゃよ

 

23: 名探偵コナンいんふぉ。
>>1
当初は阿笠博士が黒幕の予定だったんだよね

 

46: 名探偵コナンいんふぉ。
>>1
毛利小五郎役の声優が替わったのはコレが原因。

 

75: 名探偵コナンいんふぉ。
>>1
毛利が麻酔銃で死んだらコナンが犯罪者になるけど、嘘推理で逃げるのかなw

 

78: 名探偵コナンいんふぉ。
>>1
記憶がない間に事件が解決しているのに不審がる素振りもない小五郎のほうが謎

 

89: 名探偵コナンいんふぉ。
>>1
野生動物に使う麻酔薬じゃねの

 

2: 名探偵コナンいんふぉ。

実はおっちゃんは博士とグルで眠ったふりをしているに過ぎない

睡眠薬という設定を信じてしまった名探偵ナンコー

 

38: 名探偵コナンいんふぉ。
>>2
一番納得のいく解答だな。

 

51: 名探偵コナンいんふぉ。
>>2
これ

 

58: 名探偵コナンいんふぉ。
>>2
たまに撃たれて寝てる園子もグルなのか

 

3: 名探偵コナンいんふぉ。

  _ノ乙(、ン、)_経絡秘孔的なものだと推察するわw

 

7: 名探偵コナンいんふぉ。
>>3
あのボールキックもツボ刺激で威力増加だからなあ、有り得るw

 

4: 名探偵コナンいんふぉ。
この針って時間が経つと溶けて無くなるの?
そうじゃないと小五郎の首は何百本も針が刺さってることに…

 

6: 名探偵コナンいんふぉ。
>>4
コナン君が回収して再装填。

 

12: 名探偵コナンいんふぉ。

>>4 >>6
針が溶けるなり回収するなりしても、皮膚に痕が残るんじゃないかな。
覚醒剤の濫用者とか、糖尿病で毎日インシュリンを注射する人が
皮膚が固くなって針が通らなくなるって聞いたことがあるんだけど。

しかし、日に何度も意識を失うって自覚症状があるんだし、
医者に行って検査くらい受けるべきだと思うんだけど。
自動車の運転とか怖くてできないだろうに。

 

5: 名探偵コナンいんふぉ。
爪楊枝ボーガンより危険だから見つかったら逮捕です

 

14: 名探偵コナンいんふぉ。
>>5
その件に関する法律的考察を以前読んだ気がする。

 

8: 名探偵コナンいんふぉ。
漫画だろう

 

9: 名探偵コナンいんふぉ。
針を刺したら傷害罪?

 

10: 名探偵コナンいんふぉ。
そんなん、こなわんわー

 

13: 名探偵コナンいんふぉ。
コナンの麻酔銃は、天才アガサ博士の発明品だよ
全てを超越した麻酔銃と見るのが、正しい見方

 

19: 名探偵コナンいんふぉ。
>>13
おっちゃんも二代目だしな

 

26: 名探偵コナンいんふぉ。
>>13
でも銭型警部には効かなかったぞ

 

29: 名探偵コナンいんふぉ。
>>26
あとおっちゃんに変装したルパンにも効かなかったよなあの麻酔針

 

36: 名探偵コナンいんふぉ。
>>29
あれは避けたんやで

 

15: 名探偵コナンいんふぉ。
よく見ると首筋あたりが複数の針穴だらけで紫色になってるよ

 

18: 名探偵コナンいんふぉ。
ま ん が !

 

20: 名探偵コナンいんふぉ。
これ、15年ぐらい前に真顔(かどうかは知らんけど)で新聞に投稿してる人いたな
肝臓障害は確実で江戸川コナンこそは犯罪者だって
記事で大笑いした

 

21: 名探偵コナンいんふぉ。
増井住かなんかだろ

 

22: 名探偵コナンいんふぉ。
コナン自身の設定をスルーしてこんなことにこだわってもしょうがあんめい

 

24: 名探偵コナンいんふぉ。
いつも犯人は真っ黒でハゲなのに
いつのまにか別の犯人にすりかわっている

 

27: 名探偵コナンいんふぉ。
麻酔ぢゃあなく ショックで気絶してんぢゃないのけ?
なにによるショックなのかはわからんチンだけども