出典:青山剛昌/小学館/TMS/

 

アニメ名探偵コナン4月7日(土曜)放送分で、映画最新作『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)(4月13日公開)のプレストーリー(前日譚)が描かれ、安室透が登場することがわかりました。

前日譚の為、映画の重要なキーマンと登場や、関連度が高いシーンなどが描かれる可能性がありますので、映画を見る予定の方は必ず見ておいた方が良いでしょう。

 

タイトルは「ケーキが溶けた!」

朝、コナンと小五郎、蘭が喫茶ポアロに行くと、小型冷蔵庫に入れていた安室透の特製ケーキの形が崩れるという事件が起きる。同じ事は何度もあったが原因は不明だという。この後、ポアロにやってきた光彦、元太、歩美。梓は冷蔵庫の修理を業者に頼むが、冷蔵庫は壊れていなかった。元太はライバル店の店主が夜中にケーキを壊していると推理。コナンはこの推理は違うと思いつつも店の外にカメラを設置して閉店後の店内を撮影する事に。

出典:シネマトゥデイ

 

 

 

劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」の詳細

物語の中で、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突する。不穏な動きを見せる安室にコナン達が翻弄される中、爆破事件の容疑者として毛利小五郎が逮捕されるという衝撃の展開となる。小五郎の無実を証明するため、身を挺して真実を追求するコナンの前に立ちはだかる、正義の味方のはずの安室。果たして安室は敵なのか、味方なのか。そして安室の真の目的とは。ぶつかりあう2人がどのような結末を迎えるのか期待したい。

出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/東宝/livedoorニュース

物語は小五郎が誤認逮捕されてしまうところから始まります。

安室VSコナン ということで、いつも仲間だった安室透が敵になってしまう様子。黒の組織No2のRUMラムと噂される黒田兵衛の登場も判明しているので、原作に多少絡む重要なシーンなどを見ることが出来るかもしれません。また、安室透の部下である風見裕也も登場するということで、目が離せません。

ゲスト声優は、容疑者となってしまった小五郎を担当する弁護士・橘境子役で上戸彩が、過去に境子が所属していた弁護士事務所で裁判官を目指していた司法修習生・羽場二三一役を博多大吉が務める。

 

2018年4月13日より全国東宝系にてロードショー
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲

主題歌:福山雅治「零-ZERO」
脚本:櫻井武晴
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
配給:東宝
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント

(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

▼主題歌は福山雅治さんで決定!

▼映画の詳細はこちら

 

 

関連記事

▼安室透の考察はこちら

▼黒田兵衛の考察はこちら

▼風見裕也の考察はこちら

↓クリックで他のコナンブログを見れます
名探偵コナンランキング
にほんブログ村 アニメブログ 名探偵コナンへにほんブログ村

▼「立川譲」監督の情報はこちら