出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/
出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/

名探偵コナン 第884話「絵本から飛び出す爆弾魔(後編)」のあらすじと感想です。ネタバレなので、まだ見ていない方は注意。最後にゼロの執行人の新情報が!?

あらすじ:小五郎のおっちゃん宛てに届いた未完成の仕掛け絵本だったが、それは連続爆破事件の予告上であった。病死した絵本作家の腹違いの兄で、爆弾製造の犯人である、蛭川卓司によるものだと思われたが、おっちゃんの奮闘により、2件目の爆発はなんとか回避された。

前回の第883話はこちらから

気になるストーリーを紹介します。

ストーリー

前回までの容疑者の情報は下記の通り

 


蛭川 卓司(38)容疑者

  • 5年前爆弾事件を起こして海外逃亡
  • ひそかに帰国
  • 爆弾現場より、容疑者の指紋が検出
  • 病死した弟がいる
  • 弟は冒頭の作家の原作者
  • 弟は将来有望だったが、ネットで兄が爆弾犯とばれて体調を崩し病死

7の真ん中がまったくわからず、悩み、。そこで、絵本にでてくるチクタクじいじが、最後に無くなってしまうというエピソードについて語る編集長と蘭。そして手元にある絵本を置いたまま立ち去ってしまう編集長。

その時、目暮のもとに爆弾が見つかったとの連絡が…!鳥屋町のビルのごみ置き場、果樹園にあったとのこと。そして、メッキを扱う工場。計3個の爆弾が見つかった。いずれもゴミ箱だった。

タイムリミットが近づき、焦る一行だったが・・・タイマーがゼロになったその時…!

TheDigitalArtist / Pixabay

爆発はせず、偽物だった。

コナン:3つ爆弾は偽物で、本物はどこか別のところに・・!

目暮・小五郎「なにーっ!!?」

 

次のシーンでメグレズ警備保障の車を先導する人物が写る・・・。そこには見覚えのある顔が・・、そう、先導する人物はなんと蛭川!!蛭川が警備員の制服を着て、潜り込んでいたので。そして、マンホールの上に車を案内し、

次の瞬間

95C / Pixabay

爆弾が爆発し、吹き飛ぶ現金輸送車。

昨日の雨で増水した水で爆弾が運ばれ、マンホールの下に・・・。犯人は現金輸送車を狙い、リモコンで遠隔操作して爆弾を爆発させていた可能性が・・・!?そう、本当の狙いは現金輸送車だったのだ。

騙されたとわかり、怒りに震える小五郎。そんな時、蛭川のアジトが分かったとの連絡が目暮に入り、調査に向かう一行。

コナン:「どうして犯人のアジトが分かったの?」

目暮:「匿名の110番通報があったそうだ。爆弾魔の蛭川卓司をみかけたから、捕まえてほしいと。あとは住所を言って、切れたそうだ。」

コナン:はっ! なるほど…! そういうことか!!

CM後、眠りの小五郎がどこかの地下駐車場に腰掛けている。すぐ後ろで、ある人物に語りかけるコナン。その目の前には見覚えのある人物が・・・・!?

小五郎:これはこれは・・・もうお怪我の方はよろしいようですな。まるで、ケガなどしていなかったのように。

朝永編集長「・・・!」

 

アジトの爆発の映像が流れる。蛭川は死亡してしまったのだろうか。。。?

ボイスチェンジャーで蛭川のアジトを匿名で電話したのは、彼だった。蛭川の背後にいた黒幕は、朝永だった。

証拠を見せろと話す、朝永編集長。

爆弾はリモコンで起爆する仕組み、リモコンの電話が届くのは精精30メートル。つまり、爆弾のタイマーを早めたり、そのタイミングで小五郎にメッセージを送ることができたのは、あの場に一緒にいた朝永しかいない。警部に頼み込んで一行に同行し、行動に即して、メッセージを送れたのも朝永だけだ。蛭川に、弟の恨みによる爆弾事件に見せかけて、現金輸送車を襲撃する計画を持ち込み、小五郎も巻き込んだ。追加で用意した爆弾も蛭川の口封じの為だ。

推測ばかりできちんとした証拠ではないと話す朝永

しかし、実行犯の蛭川の自供があれば話は変わると話す小五郎。そう、蛭川は助かっていたのだ。自爆という犯人の死と本のラストをダブらせたかったということを先読みし、蛭川を救出していた。

朝永:いつ・・・・私だと!?

小五郎:あの絵本のゲラを、あなたが遺品だと言った時ですよ。

これって、ゲラ(生原稿)というよりコピーだよね?とコナンが絵本のコピーを持ち指摘している。蛭川は当然生原稿を遺品として要求したはずだが、彼は持っていないと証言した。となれば、持っているのは朝永。しかし朝永は読んでいないと嘘を言った。それは今回の黒幕、計画立案者だったからだ。

最後に小五郎から質問。蛭川に遺品の原稿を渡さなかったのは何故だ?

編集者として「傑作」の物語を渡したくなかった。肉親でも犯罪者に傑作の原稿を渡したくなかった。いつかあの原稿は編集長として私が世に送り出したかった・・!と話す朝永。

蘭が割って入る。

あんな素晴らしい本を犯罪に利用するなんて…!と涙目で訴える蘭。

 

目の前には泣き崩れる犯人がいた。

 

半年後、絵本の完成版が出版され、コンクールで受賞された・・・・

アニメ 名探偵コナン884話へのネットの反応

ヒルカワ黒幕じゃなかった

ボイスチェンジャーのトリックを
ボイスチェンジャーで話すコナン

米花町じゃよくあること 

いつの間にか眠らされてた

爆弾を探して東奔西走する小五郎のおっちゃんがジャックバウワー感あふれてる

ここでめっちゃ怒ってくれる蘭ちゃんが好きやで

予告の少年探偵団かわいいな

以上

 

そして最後に、劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」について少し情報が・・・!

 

ゼロ=警察の極秘組織

今後の放送予定
12月*2日 第883話「絵本から飛び出す爆弾魔(前編)」(アニメオリジナル)
12月*9日 第884話「絵本から飛び出す爆弾魔(後編)」(アニメオリジナル)
12月16日 第885話「謎解きは喫茶ポアロで(前編)」(原作)
12月23日 第886話「謎解きは喫茶ポアロで(後編)」(原作)
12月30日 放送休止
1月*6日 第887話「怪盗キッドの絡繰箱(前編)」(原作)
1月13日 第888話「怪盗キッドの絡繰箱(後編)」(原作)


管理人

CMが終わったと思ったら、いきなり眠りの小五郎状態で地下駐車場の場面となり一瞬混乱しました笑

↓クリックで他のコナンブログを見れます
名探偵コナンランキング
にほんブログ村 アニメブログ 名探偵コナンへにほんブログ村

しかし、せっかく毛利のおっちゃんも頑張っていたのに、可哀そう泣