出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/東宝
出典:青山剛昌/小学館/読売テレビ/東宝

劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」が小説化!

発売は2017年12月6日(水)

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)は2017年4月に公開され、興行収入68.8億円・観客動員536万人を記録し、今年の邦画興行収入ランキングでは、第3位を記録しました。本書は、から紅の恋歌で脚本を担当した、小説家の大倉崇裕が執筆。本編では上映時間の都合から、泣く泣くカットせざるおえなかった、未公開シーンもノーカットで収録しています。

また、「カレルチャペック紅茶店」において、映画のコナンに登場した服部平次と遠山和葉のかわいい恋を表現した「恋のラッキーチャームティー(紅茶)」も販売されています。

すごくかわいいデザイン^^

管理人は、和葉服部のあのかわいいやり取りが大好きなんです。青山さんの描く恋愛って、現実では臭すぎて目も当てられないようなもの(失礼)だったりするんですが、それがいいんですよ!笑。ちょっと見ていて恥ずかしいんですけど、けど応援したくなるような・・・。もう20年以上進展しない恋愛を見てきているわけですからね。ちょっとした親の気分ですよ(結婚してませんが・・・w)。

そんな2人のかわいいデザインの入れ物と、小説の表紙。

是非みなさんも手に取ってみては?

 

2018年4月には、コナン映画の新作、劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」も公開されますし、サンデーでも重要なターニングポイントが近々に解禁されます。USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)でのコナンワールドもありますし、B’zの30周年記念Liveやイベントなどもあります。映画公開に向けてコナンの盛り上がりが半端じゃありません。今後色々なネタバレ情報なども解禁されると思いますが、その前にこう言った小説や昔の映画などで今までを振り返ってみてもいいかも^^

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説 名探偵コナン から紅の恋歌 (小学館文庫) [ 大倉 崇裕 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/12/11時点)